先輩オーナーの声

> 木野商事/トップページ  > 催事販売フランチャイズオーナー募集  > 先輩オーナーの声

先輩オーナーの声1

先輩オーナーの声1

竃リ野商事を知ったきっかけは?

以前の職場を退職したのが43歳の時、従って40歳以上の求人情報誌で株式会社木野商事を知り面接に向かいました。

仕事のやりがいについて

対面試食販売の為、お客様に対するやりとりの良し悪しが売上に直結するところ

オーナー契約について

皆さん「オーナー」と言う言葉には魅力を感じると思います。
部下を持たない個人オーナーの為、全てが自己責任ですが、株式会社木野商事の場合は(個)の集まりが一つの組織体と言えます。
会社を含め全員と助け合いながらも個々が現場でバイタリティーを発揮して販売出来る為、やる気があれば安心のオーナー制度です。


先輩オーナーの声2

先輩オーナーの声2

竃リ野商事を知ったきっかけは?

職業安定所の求人案内です。(極めて好条件でした。)

仕事のやりがいについて

日本全国各地に行け、地元の人々と商品を通じ、種々の触れ合いがあり、「待ってたよ。」の一言にやりがいを感じます。
現地の絶景、味覚、ついでに温泉、これで良い売り上げがあれば言うこと無しです。

オーナー契約について

会社庇護のもと、自分で発し、自分で収束の営業形態で、気力、体力さえ伴えば、年齢制限無しは、この厳しい世の中、なかなかあるもんじゃありません。


先輩オーナーの声3

先輩オーナーの声3

竃リ野商事を知ったきっかけは?

19年前札幌のスーパーで女性販売員より岩のりを購入した時に、貴方は買うよりも、売る事をやってみないかと誘われました。
その女性販売員は、「私は1ヶ月に多い時は、60万円もらっている」とおっしゃられていて、その後社長(現・会長)に会いました。
社長は、何を言われて誘われたかは知らないけど、お金よりも良い物をあげると言われました。
それは、僕が平台一台のスペースさえあれば、何でも売れる力を君にあげようと約束されました。
その言葉に男として、惚れて入社しました。

仕事のやりがいについて

日本中の百貨店を売り歩いていると、常連のお客様が増えて行き、各地でプレゼントが頂ける事に感動します。
今年の2月には静岡のお客様で、留守の間に家が火事により全焼して、旦那様も亡くなられて、全てを無くしてしまったのに、僕が昼ごはんを食べに行かない事を心配して焼きたてパンやお菓子を差し入れして下さる常連のお客様に涙が出そうになりました。
好きな販売の仕事が出来て、その上にお客様にも大切にして貰える事が幸せであり、やり甲斐を感じます。

オーナー契約について

自分で仕入れた商品ひとつひとつの利益がわかるので、心から『ありがとうございました』と思えます。
給料制の人々の給料は1ヶ月に1回会社から頂きますが、僕の給料は目の前のお客様より頂ける事になりますので、1日に100人買って貰うと、100回給料を頂ける事になりますね。
ありがたや〜(笑)。


募集要項

先輩オーナーの声

楽天市場店
催事販売フランチャイズオーナー募集

このページの先頭に戻る